development > Ruby On Rails > annotateでRailsアプリのルーティングやスキーマを書き出す
Ruby On Rails

annotateでRailsアプリのルーティングやスキーマを書き出す

Large?1464653848

Railsアプリでルーティングを確認するには、

$ rake routes

を実行するか、http://localhost:3000/rails/info/routesにアクセスすると見ることが出来ます。このちょっと面倒な作業を不要にしてくれるのがannotateです。

使い方

いつもどおり

gem 'annotate'

をGemfileに追加してbundle installします。次に、

$ bundle exec rails g annotate:install

でインストールすると、以降はrake db:migrateのたびにスキーマの変更を読み取って、ModelやFactoryGirlのファイルに書き出してくれます。

# == Schema Information
#
# Table name: contacts
#
#  id         :integer          not null, primary key
#  name       :string
#  email      :string
#  title      :string
#  content    :text
#  created_at :datetime         not null
#  updated_at :datetime         not null
#

こんな感じに。また、

$ bundle exec annotate -r

を実行すると、config/routes.rbに

# == Route Map
#
#            Prefix Verb     URI Pattern                   Controller#Action
#               root GET     /                                     home#index
#  home_index GET     /home/index(.:format)   home#index

こんな具合にルーティングを書き出してくれます。地味に便利で一度使うと手放せません。

Small?1464653848

この記事が気に入ったらいいね!して
9bar の最新記事を受け取りましょう

Thumb?1464653848

9bar の最新記事をお届けします!

新着記事