development > Ruby On Rails > deviseを日本語化する 〜devise.ja.yml編
Ruby On Rails

deviseを日本語化する 〜devise.ja.yml編

Large?1464707028

deviseで表示されるメッセージは英語なので、日本向けのサービスに使うのであれば日本語化する必要が出てきます。

日本語化する場合には、以下の2つの方法があります。

下準備

どちらのパターンでも、まずはRailsアプリ自体のlocaleの設定を日本語に変更する必要があります。config/applicatoin.rb内で、

# The default locale is :en and all translations from config/locales/*.rb,yml are auto loaded.
# config.i18n.load_path += Dir[Rails.root.join('my', 'locales', '*.{rb,yml}').to_s]
# config.i18n.default_locale = :de

# The default locale is :en and all translations from config/locales/*.rb,yml are auto loaded.
# config.i18n.load_path += Dir[Rails.root.join('my', 'locales', '*.{rb,yml}').to_s]
config.i18n.default_locale = :ja

に変更しましょう。

devise.ja.ymlを入手する

deviseのwikiを見ると各言語のlocaleファイルの最新版が分かるので、そこから最新のものを入手してきましょう。この記事を書いている2015年9月時点だと、こちらが最新版です。

config/localesに追加する

そのままですが、config/locales内に上記のファイルを追加しましょう。これで日本語化が完了です。

Small?1464707028

この記事が気に入ったらいいね!して
9bar の最新記事を受け取りましょう

Thumb?1464707028

9bar の最新記事をお届けします!

新着記事